このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメと肌の酸化

金属がサビて劣化したり、りんごを切って置いておくと表面が茶色くなったりする現象が酸化です。実は酸化反応は肌や人間の体でも起こっています。金属やりんごの劣化や変色の例を見ても、あまり良い反応だとは思えませんよね。肌の酸化はどのようにして起こり、どんな影響を与えるのでしょうか?

肌の酸化の原因と及ぼす影響

酸化反応が起こって体がサビてしまう原因は「活性酸素」です。本来活性酸素は、体の中で血液の循環を促して老廃物を外に出し、細菌やウイルスを殺してくれる役割を持っています。しかし、必要以上の量の活性酸素があると、皮脂や体内にある脂質を酸化させ、肌や体をサビさせる「過酸化脂質」を作ってしまうのです。過酸化脂質は体の中でも細胞やタンパク質、DNAを傷つけてトラブルを起こしますし、肌の悩みも増やしてしまいます。例えば、活性酸素が傷つけた細胞はコラーゲンを作る働きが低下するので、シワの原因になります。表皮の中にあるメラニン細胞(メラノサイト)を傷つければ、メラニンの量が増えてシミやそばかすを増やしてしまうのです。このように活性酸素は肌がサビてハリやツヤを失い、肌の老化が早くなる原因になります。この酸化反応は特別な時に起こるのではなく、毎日発生しています。例えば、朝メイクをした時は顔がパッと明るくなって雰囲気が良かったのに、夕方や夜に鏡を見ると顔色が悪くなっていることはありませんか?これは肌から分泌された皮脂やメイクが活性酸素と反応してくすんだ色を生んでいることも1つの理由です。

活性酸素はなぜ増えるのか

活性酸素はどのようにして作られるのでしょう。「活性酸素が悪いのなら、活性酸素を作らせなければいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。前述のとおり、活性酸素自体は人間の体を助けてくれるものであって、肌を酸化させてしまう”余計な”活性酸素を防げばいいのですが、活性酸素は実は人間が生命維持をするためにエネルギーを生成するだけでも生まれます。また、その他にも紫外線を浴びる、空気中の汚染物質(ほこり、排気ガス、農薬など)に触れる、タバコ、食べすぎと飲みすぎ、食品添加物、過度のストレスなど、日常生活の中でも活性酸素を増やす要因はたくさん存在します。とは言え、肌も活性酸素のなすがままになっているわけではありません。活性酸素が作用しようとすれば、肌もサビを防ごうと懸命に働きます。抗酸化ビタミンや活性酸素分解酵素、アミノ酸や尿酸といった抗酸化物によって、活性酸素は消されて肌は防御されます。ところが、この肌の防御機能は年齢を重ねるとともに衰えてしまいます。活性酸素分解酵素の生産量を見ても、20歳の頃をピークとしてそれ以降はどんどん減少し、40歳ではピーク時の半分になってしまうのです。さらに紫外線を繰り返し浴びることでも防御機能は徐々に低下していくので、年月が経つほど肌はサビやすくなってしまうということになります。

肌サビ対策とは

それでは、肌の酸化を避けるにはどうすればいいのでしょうか?年月の経過によって肌の防御機能は衰えてしまいますが、抗酸化作用のある成分を補給することによって、その機能を回復させる効果が期待できます。肌の防御機能を上げるためにビタミン類を摂取することも有効です。美容効果が期待できる植物をいくつか紹介しましょう。

・バラ、ローズヒップ

バラは、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEといった、美白やシミ・ソバカス予防に効果のあるとされる成分を豊富に含んでいます。ビタミンCとビタミンEはコラーゲンの生成を促進したり、メラニン色素を作り出す「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えたりする効果や、強力な抗酸化力を持っていると言われています。特にバラの果実であるローズヒップにはビタミンCがたっぷりと含まれており、免疫力の強化や肌のサビを防ぐ役割があります。

・ヘチマ

ヘチマから採れるヘチマ水には、「ヘチマサポニン」という成分が含まれています。ヘチマサポニンは肌のサビを防ぐ作用が期待できるだけでなく、肌細胞の新陳代謝を活性化させる働きがあるとされています。肌の新陳代謝が高まると肌のターンオーバーがスムーズになり、美しい肌を保てる効果が期待できます。

・ラベンダー

ラベンダーは抗菌作用や炎症を抑えるなど様々な効能を持ち、古くから医薬品にも使われてきました。肌への効果としては抗酸化作用だけでなく、コラーゲンを保護してダメージや乾燥から守ってくれることが期待できます。
その他にもカミツレ、ローズマリー、ゴマ油、ドクダミ、椿油、米ぬか、甘草、ヨクイニンといった植物が挙げられます。

 

肌の酸化反応が起こるとシミやシワ、そばかすの原因となり、肌を急速に老化させてしまいます。人間の体や肌がサビに抵抗する力は年齢や紫外線を繰り返し浴びることでどんどん低下してしまうので、サビに対抗できるようにすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事