このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメの保存方法を教えて!

オーガニックコスメを使う時に気を付けなければいけないことがありますが、それは何なのか考えたことはありますか?オーガニックコスメとケミカルコスメや他の化粧品は成分も大きく異なるため、他の化粧品と同じように扱っていると成分が失われたり早々に腐ったりしてしまう場合があります。オーガニックコスメも保存料を使っていますが、天然由来の保存料を使っている場合が多いためです。

オーガニックコスメの使用期限は短い?

オーガニックコスメは自然由来・天然由来の原料を使い、それらの成分が保つ力を損なわないような製造方法で作られています。ケミカルコスメなど、他の化粧品で使われている合成保存料や合成防腐剤は使われていない場合が多いです。そのため商品によって違いはありますが、オーガニックコスメは、ケミカルの化粧品と比べると早めに使い切るのがおすすめです。

自然由来の保存料

化学成分ではない、植物由来の保存効果や防腐効果を持つ成分の中には、一見天然由来ではないように思えるものもあります。「ベンジルアルコール」はアカシアの花の精油から、「エステル」はジャスミンから抽ことができます。「クエン酸」は主に柑橘類に含まれており、「アスコルビン酸」はビタミンCのことです。これらは酸化を抑える効果があります。「酢酸トコフェロール」は大豆由来のビタミンEで、抗酸化物質であり、保存作用と防腐作用を持っています。植物由来や天然由来という点では安心できるかもしれませんが、合成保存料よりは保存効果・防腐効果は緩やかであることもありますし、人によっては天然由来であっても成分が肌に合わない場合があります。そういった場合は、肌への刺激やアレルギー反応を避けるためにもこれらの成分が配合されていない商品を選ぶことになるでしょう。

気をつけたい保存方法:保管場所

通常の化粧品も同様ですが、オーガニックコスメを保存する際には特に、雑菌が発生しやすくなる環境は避ける様にするのがおすすめです。一度開封すると化粧品の中には雑菌が入りやすくなりますし、化学成分や添加物のない場合、雑菌の快適なエサ場になってしまうこともあります。常温保存する場合は直射日光を避けて、涼しい暗所に保管しましょう。物が腐りやすい夏場は特に注意が必要です。配合されている成分などによっては冷蔵庫で保管するのも良いでしょう。ただし、冷風が直接当たると成分が失われてしまうことがあります。冷蔵庫の内側の構造を見て、冷風の吹き出し口の側は避け、ドアポケットや野菜室など冷気が当たらない場所に置くようにします。冷気が中に入らないように、化粧水などのキャップをしっかり閉めるのを忘れないようにして下さい。添加物の入っていない化粧品は温度の変化にも弱く、急激な温度変化をさせると腐ったり成分が失われたりする原因になる場合もあります。でも、冷蔵庫で保管しているからといって、コスメが長持ちする、または腐らないということはありません。冷蔵庫に入れているから、涼しい場所に置いているからと安心せず、期限がある場合はを期限を守って、特に明記がない場合は3ヶ月から6ヶ月くらいを目安に使うようにするとよいでしょう。

気をつけたい保存方法:清潔に保つ

オーガニックコスメに限らず、コスメを長持ちさせるためには、保存する場所だけでなく普段からの扱いにも注意が必要です。化粧水や乳液の場合、ボトルやポンプの口に手が触れないようにします。清潔に洗った後でも人の手には雑菌が多くいますし、そこからボトルの中へ雑菌が入り込んでしまいます。さらに、スキンケアをしている最中はフタを開けっ放しにしてしまいがちです。空気中のホコリや雑菌が入らないように、一回一回フタを閉めて使うようにしましょう。もちろん使用後もしっかりフタをするのを忘れずに。コスメ自体の水分が飛ばないようにするためでもあり、洗面所など湿気の多い場所に置く場合には空気中の水気が混ざらないようにするためです。化粧水やオイルのような水分または油分の多い化粧品には、劣化や酸化しやすいものもあるので、いつ頃開封したかや商品に記載されている期限に注意しながら早めに使い切ります。また、メイクアップ化粧品は、パフやブラシなどの道具も清潔に保つようにしましょう。肌に触れると皮脂が道具に付きますし、その皮脂が酸化したり雑菌を増やしたりする恐れがあります。

オーガニックコスメは天然由来の成分でできている上に合成保存料や合成防腐剤を使っていない場合が多いため、その保存方法には注意するようにするとよいでしょう。ラベルやパッケージに書かれた成分内容や注意事項をよく読んで、正しく保管し、必ず期限内に使い切るようにするのがおすすめです。
オーガニックコスメを使う時に気を付けなければいけないことがありますが、それは何なのか考えたことはありますか?オーガニックコスメとケミカルコスメや他の化粧品は成分も大きく異なるため、他の化粧品と同じように扱っていると成分が失われたり早々に腐ったりしてしまう場合があります。オーガニックコスメも保存料を使っていますが、天然由来の保存料を使っている場合が多いためです。

オーガニックコスメの使用期限は短い?

オーガニックコスメは自然由来・天然由来の原料を使い、それらの成分が保つ力を損なわないような製造方法で作られています。ケミカルコスメなど、他の化粧品で使われている合成保存料や合成防腐剤は使われていない場合が多いです。そのため商品によって違いはありますが、オーガニックコスメは、ケミカルの化粧品と比べると早めに使い切るのがおすすめです。

自然由来の保存料

化学成分ではない、植物由来の保存効果や防腐効果を持つ成分の中には、一見天然由来ではないように思えるものもあります。「ベンジルアルコール」はアカシアの花の精油から、「エステル」はジャスミンから抽ことができます。「クエン酸」は主に柑橘類に含まれており、「アスコルビン酸」はビタミンCのことです。これらは酸化を抑える効果があります。「酢酸トコフェロール」は大豆由来のビタミンEで、抗酸化物質であり、保存作用と防腐作用を持っています。植物由来や天然由来という点では安心できるかもしれませんが、合成保存料よりは保存効果・防腐効果は緩やかであることもありますし、人によっては天然由来であっても成分が肌に合わない場合があります。そういった場合は、肌への刺激やアレルギー反応を避けるためにもこれらの成分が配合されていない商品を選ぶことになるでしょう。

気をつけたい保存方法:保管場所

通常の化粧品も同様ですが、オーガニックコスメを保存する際には特に、雑菌が発生しやすくなる環境は避ける様にするのがおすすめです。一度開封すると化粧品の中には雑菌が入りやすくなりますし、化学成分や添加物のない場合、雑菌の快適なエサ場になってしまうこともあります。常温保存する場合は直射日光を避けて、涼しい暗所に保管しましょう。物が腐りやすい夏場は特に注意が必要です。配合されている成分などによっては冷蔵庫で保管するのも良いでしょう。ただし、冷風が直接当たると成分が失われてしまうことがあります。冷蔵庫の内側の構造を見て、冷風の吹き出し口の側は避け、ドアポケットや野菜室など冷気が当たらない場所に置くようにします。冷気が中に入らないように、化粧水などのキャップをしっかり閉めるのを忘れないようにして下さい。添加物の入っていない化粧品は温度の変化にも弱く、急激な温度変化をさせると腐ったり成分が失われたりする原因になる場合もあります。でも、冷蔵庫で保管しているからといって、コスメが長持ちする、または腐らないということはありません。冷蔵庫に入れているから、涼しい場所に置いているからと安心せず、期限がある場合はを期限を守って、特に明記がない場合は3ヶ月から6ヶ月くらいを目安に使うようにするとよいでしょう。

気をつけたい保存方法:清潔に保つ

オーガニックコスメに限らず、コスメを長持ちさせるためには、保存する場所だけでなく普段からの扱いにも注意が必要です。化粧水や乳液の場合、ボトルやポンプの口に手が触れないようにします。清潔に洗った後でも人の手には雑菌が多くいますし、そこからボトルの中へ雑菌が入り込んでしまいます。さらに、スキンケアをしている最中はフタを開けっ放しにしてしまいがちです。空気中のホコリや雑菌が入らないように、一回一回フタを閉めて使うようにしましょう。もちろん使用後もしっかりフタをするのを忘れずに。コスメ自体の水分が飛ばないようにするためでもあり、洗面所など湿気の多い場所に置く場合には空気中の水気が混ざらないようにするためです。化粧水やオイルのような水分または油分の多い化粧品には、劣化や酸化しやすいものもあるので、いつ頃開封したかや商品に記載されている期限に注意しながら早めに使い切ります。また、メイクアップ化粧品は、パフやブラシなどの道具も清潔に保つようにしましょう。肌に触れると皮脂が道具に付きますし、その皮脂が酸化したり雑菌を増やしたりする恐れがあります。

 

オーガニックコスメは天然由来の成分でできている上に合成保存料や合成防腐剤を使っていない場合が多いため、その保存方法には注意するようにするとよいでしょう。ラベルやパッケージに書かれた成分内容や注意事項をよく読んで、正しく保管し、必ず期限内に使い切るようにするのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事