このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメの防腐剤

私たちは化粧品を毎日使い続けることによって、肌を綺麗にしていくというイメージを持っていますが化粧品や製品自体には毎日使いことで雑菌や空気が入り、品質が落ちていきます。古くなりすぎた化粧品を使うと肌荒れが起きるのは、雑菌が繁殖しているからです。
そうならないために、化粧品には防腐剤が配合されています。よくお菓子や食品を開封してもわかると思いますが「食べられません」と書いた袋に入った粒のようなものは、防腐剤です。同じようにコスメにも成分として防腐効果のある成分が配合されて品質を保っているのです。
オーガニックコスメを選ぶにあたり、防腐成分についてもチェックしておきましょう。

コスメに含まれる防腐剤とは

一般的なコスメに含まれている防腐成分として最も有名な成分が「パラベン」表示指定成分として指定されています。次に有名な防腐剤といえば「フェノキシエタノール」です。これは、無添加化粧品によく使用されている防腐成分ですが、表示指定成分には定められていません。
フェノキシエタノールは、実際にパラベンよりも刺激性が少なく毒性もないと言われていますが、反対に防腐作用が弱いことが特徴です。その為、フェノキシエタノールを使用する際は製品にフェノキシエタノールを大量に入れなければ作用を発揮しません。化粧品の防腐剤に対しては敏感な方も多いでしょうが、実はこういった防腐剤は食品や歯磨き粉などにも多く使用され、私たちは普段から防腐成分と共に生活しているといっても過言ではないのです。

オーガニックコスメに含まれる防腐剤

オーガニックコスメにも防腐剤が含まれています。天然由来成分で防腐効果をつけているものを選ぶことができれば良いでしょう。
まったく防腐成分を使用しない場合は、抗菌効果や防腐作用が全くなく保存がききませんので、注意が必要です。
またオーガニックコスメと謳っていても、一般のコスメと同様の防腐成分を使っている場合もありますので、全成分を確認してコスメ選びをしていただくことがおすすめです。

ケミカルコスメに含まれる防腐剤

ケミカルコスメに配合されているパラベンなどの防腐剤は、天然防腐剤よりも断然抗菌効果が高く、常温でも長期間良い状態で保存が可能です。たとえば持ち歩くことも良いですし、カバンの中に入れていたからと言って腐ることはありません。
また、天然防腐剤よりもコスパが安く、化粧品自体を安く提供することができます。オーガニック化粧品に配合されている防腐成分ではコスパが高い場合が多く、それがオーガニックコスメの価格にも反映されているということもあります。
ただ、抗菌作用が強すぎてよい菌まで消滅させてしまうと側面もぜひ覚えておいていただきたいポイントです。

防腐剤に対してシビアになりすぎないこと

天然自然派由来のコスメを使いたいと考える方は多いでしょう。ですが、この世に100%安全な化粧品などはありません。防腐剤など、調味料や洗剤、コスメ、ヘアケア用品、歯磨き粉、など生活に必要な製品にはほとんど含まれています。
オーガニックコスメにもなんらかの防腐成分は配合されています。天然かどうかは成分表記を確かめるほかありませんが、あまりシビアに考えすぎるとどのコスメも使いにくくなってしまいます。信頼のできるオーガニックコスメブランドであれば、防腐剤にも気をつかっているとはずですので、自分のライフスタイルにあったオーガニックコスメブランドを見つけることがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事