このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメの防腐剤は?パラベンの代わりに

無添加だから安心できるのか、オーガニックコスメだから安全なのか。明確な定義が定まっていない「無添加」「オーガニック」という言葉は、たとえ安全じゃないものでもよく使われている言葉といえます。
コスメに配合されている成分でよく使われているもので注意したいもの、それは「パラベン」などの合成添加物でしょう。食品にしろコスメにしろ「保存料」は欠かせませんからコスメによく使用されているパラベンについて知っておいて損はありません。
今回は、オーガニックコスメにはパラベンは含まれているのか?パラベンとはそもそもどういった成分なのかをご紹介します。また、オーガニックコスメに含まれる保存料もチェックしておきましょう。

パラベンとは?

化粧品に配合されている成分として「パラベン」という成分を目にしたことはありませんか?パラベンとは医薬品や食品、飲料にはよく使用されている成分ですが主に防腐剤として配合されている添加物です。
正式名称はパラオキシ安息香酸エステル類と言い、たくさんの種類があります。いずれも「パラベン」という言葉が含まれており、防腐剤としては歴史が長く安全性が高い成分だとされています。

防腐剤や保存剤として使用される化学成分

種類としては、「メチル、エチル、プロプル、イソプロピル、ブチル、ベンジル、イソブチル」などがあり、効果としては、長期間の防腐保存力に優れており殺菌力も持っています。1年間保存がきく食品などには必ず含まれていますし、安全性が高く毒性も低いとされていますが「合わない」という方もいます。
食品やコスメの雑菌の繁殖を抑えるという面では良い性能を持っています。どうしても、長期間保存しようと思ったら冷蔵保存が必要ですし消費期限が短くなってしまいます。そこで、長期保存のためにはパラベンが必要になるというわけですね。

オーガニック化粧品にパラベンは含まれていないのか

オーガニックコスメにもパラベンを含んだコスメはあります。ですが、せっかく有機栽培で育った植物を使っているのですからパラベンなどを入れては勿体ない気もしますね。「無添加」や「防腐剤フリー」と書かれているオーガニック化粧品にはパラベンは含まれていません。
開封後は冷蔵保存が必要で、1か月以内に使いきらなければいけないオーガニックコスメもあり、防腐剤の入っていないコスメは最低でも3か月をめどに使いきる必要があります。
パラベンを嫌うメーカーは「有名な防腐剤を悪役に見立てて売ろうとしている」ことも考えられます。そこで、防腐剤フリーを謳っているコスメを購入するのではなく「化合防腐剤の代わりとなる天然防腐剤を使用しているコスメ」を選ぶのも安心できるコスメを選ぶ1つの方法です。

オーガニックコスメの防腐剤

オーガニックコスメでは、水分量が多い製品の腐敗を防ぐために保存料を入れるまたは、エタノールなどの殺菌効果の高いアルコールを入れるという2つの方法があります。オーガニックコスメの保存料といえばヒノキチオール、ローズマリーエキス、ティトリー油、セージ油、銀、エタノール、熊笹エキスなど。すべて天然由来の植物から摂れるエキスまたはオイルで肌に刺激のない成分です。
保存料の入っていないオーガニックコスメはすぐに腐食したり変色したり。冷蔵保存でも長くて3か月しか持たないコスメもあります。そこで、こういった天然由来の防腐剤を入れ出来るだけ長期間保存できるようにしているわけです。

天然保存料の入ったオーガニックコスメを

ローズマリーエキスやカツミレエキスは、殺菌効果もありますが同時に美肌成分としても人気です。ユーカリエキスは抗炎症作用もあり肌荒れに良いとされています。こういった天然保存料の入ったオーガニックコスメを選ぶようにしましょう。
また、オーガニックコスメだからといってパラベンを含んでいないわけではありません。必ず成分表記を見て、どういった保存料を配合しているのか確認し、信頼できるオーガニックコスメを選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事