このエントリーをはてなブックマークに追加

100パーセント天然由来のオーガニックコスメとは?

敏感肌の人はもちろん、そうでない人からの注目度も高いオーガニックコスメ。有機栽培を意味する「オーガニック」をうたっていることからも肌に優しいイメージを抱く人は少なくないかもしれません。確かにそれは間違いではありませんが、実際のところ100パーセント有機栽培の成分だけを使用しているのでしょうか?また、自然派化粧品、無添加化粧品といった名称もありますが、そういったものとはどのような違いがあるのでしょうか?商品に自然、無添加といった言葉がついているとそれだけで安心してしまいがちですが、それは時として危険な買い物であることはご存知でしたか?その理由をオーガニックコスメについての説明ともに紹介します。

自然派化粧品とはどのようなものでしょうか?

自然派化粧品とは植物エキスを抽出した成分を使用している製品のことです。植物エキス使用などとなると、いかにも肌への負担が少ないようなイメージを抱きがちかもしれませんが必ずしもそうではありません。なぜならばほんの少ししか植物エキスを使用しておらず、その他はほとんど化学物質という製品でも自然派化粧品を名乗ることができるからです。広告文だけではなく必ず製品のラベルを全て確認した上で購入するようにしなければいけません。よく見てみると防腐剤、界面活性剤、石油由来の香料、着色料などの名前を見かけることもめずらしくありませんが、いずれも注意を必要とする成分です。

無添加化粧品とはどのようなものでしょうか?

無添加化粧品というと、悪いものは無添加の化粧品のように思っていませんか?化学的に合成された成分は無添加というイメージを抱く人が多いようですが、じつはそれは間違いです。無添加化粧品とは、旧厚生省が指定したアレルギーの危険性のある化粧成分を入れていない化粧品のことです。防腐剤パラベンをはじめとした指定成分は102種類ありますが、これらさえ入れていなければ無添加化粧品を名乗ることができるのです。しかし、指定成分の他にも肌への負担が大きい化学成分はたくさんあります。たとえばフェノキシエタノールをはじめとした石油由来成分の多くはじつは指定成分に入っていません。にもかかわらず、これらは敏感肌やアレルギー気味の人にとっては大変な負担になりうる物質です。無添加化粧品イコール安全というわけではないのです。

オーガニックコスメとはどのようなものでしょうか?

ほとんど規制のない自然派化粧品、指定成分はあるものの十分ではない無添加化粧品とじつは一線を画しているのが海外認証のオーガニックコスメ。しかし、100パーセント有機栽培というのは日本では難しいので、すべて有機栽培ではなくてもナチュラル素材のみで作られているならばオーガニックコスメと呼ぶ場合もあります。

オーガニックコスメを利用して欲しい人とは

オーガニックコスメは化学合成成分による敏感肌、アレルギー体質などの人にとくにおすすめしたい製品です。ただし、オーガニックコスメと謳っているものでも全成分を確認していtだくことがおすすめです。オーガニックコスメと一口にいってもさまざまで高級品と呼べるようなものから、比較的低価格の入手しやすいものまで多種多彩にそろっているので、無理のない範囲で用意してみてはいかがでしょうか。

オーガニックコスメは肌への優しさにこだわった化粧品です

オーガニックコスメとは有機栽培の素材だけを使用したものから、一部を有機栽培の素材にしているものまで様々ではあります。ただ、肌への刺激となる化学物質を使わないようにしているブランドが多いため、敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめすることができます。もちろん、敏感肌以外の人でもオーガニックコスメを使用することはできます。敏感なタイプではない人でも、オーガニックコスメを使用するようになってからニキビ等の肌トラブルが改善されたという例も多数あります。肌への負担が少ないために、本来持っていた自然治癒力が大いに引き出された結果といえるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事