このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメの全成分表示とは?

人の肌は使う化粧品の成分によって、将来のお肌につながります。
たとえば肌に合わない成分を使用するとどうなるでしょう?肌荒れを起こすまたは使う際に症状が出たり、元に戻せないような肌トラブルを起こしてしまったりする可能性もあります。それが、成分を確認するだけでトラブルを避けることができる場合もあるのです。
2001年からコスメの全成分表示が義務付けられました。そこで、全成分表示について見方やルールを知っておきましょう。オーガニックコスメだからと言って安心せず、必ず全成分を確認して安全かどうかチェックして下さい。

コスメの全成分表示とは?

化粧品には成分の表示ラベルがあります。配合成分が表記されていますが、薬事法によって「全成分表示」が義務付けられたからこそすべての成分が明記されているわけです。2001年に義務付けられた法律ですが、それまでは「指定された成分のみ表記するように」と決められていました。
基本的には全成分を明記しなければいけませんが、いくつか例外があります。たとえば香料。香料と一言で言ってもたくさんの種類があります。どの香料を使用していても「香料」とひとくくりで明記すればよいことになっています。香料だけではなく、他にも様々なルールがあります。ルールに従いながらもしっかり明記していないコスメもあるので、そのルールについて理解しておきましょう。

成分表示のルール

全成分表示のルールは「多く含まれているものを先に表記すること」です。たとえば「水、エタノール、グリセリン」であれば水が一番多く含まれているというわけです。水の次にはエタノールが多く、最後にグリセリンが含まれているというわけですね。表示しなければいけないというルールはもちろん、表示をしなくても良い成分もあります。
香料は例外ですが他にも「キャリーオーバー成分」に対してのルールもあります。たとえば原料を製造するために使用した成分が、製品にも含まれている場合。原料を製造する過程で含んだ成分が、キャリーオーバー形式で製品にも含んでしまった場合は表記しなくても良いルールとなっています。

全成分表示によるメリット

全成分表示によって、どの成分が毒性のある有害化学物質なのか?消費者がより化粧品への安全性を調べることが可能になりました。たとえば「エタノール」と書いてあれば個人でエタノールの危険性について調べることができますね。
全成分表示について、消費者が誤解をしないよう同時に成分に対しての説明をより詳しく記載するメーカーも増えました。「危険だ」と思うのは人それぞれ、何ともない成分でさえ危険ではないのかと判断してしまう消費者もいますから、消費者に対しての安全性の表明がより詳しくされるようになったというわけです。
また、全成分が表示されることによって「無添加化粧品」「オーガニックコスメ」「ナチュラルコスメ」と呼ばれる化粧品に対して、より安全で安心できるコスメを選べるようになりました。無添加と称していても添加物を含んでいた製品などたくさんありますから、消費者はしっかり確認をしてから購入できるようになったのです。

本当にオーガニックなのかチェックしてみよう

オーガニックコスメと一言でいってもたくさんの種類があります。また、オーガニックコスメでも化学物質を含んだ製品はたくさんあります。選んだオーガニックコスメが安全かどうかは、全成分表示を見るだけで判断できます。
特に、PEGやミネラルオイル、パラフィン、ベンジンアルコールなど。あまり目にしない成分にも注意が必要です。ミネラルオイルなど言葉では肌に良さそうな成分ですが危険な物質だとして避けられる成分です。表示されている成分で気になるものがあれば調べてみましょう。もちろん、全ての化学物質が危険というわけではありませんが、しっかりと確認をし、危険だと判断した成分が入っているオーガニックコスメはあまり使わないようにする方が無難でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事