このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメと無添加化粧品の違いと見分け方

肌トラブルに悩む女性が増えるにつれ、無添加・オーガニックという言葉が化粧品で使われるようになりました。実際に、人口の70%以上もの女性が敏感肌・乾燥肌で悩んでいると言われているほどですから自然由来のものを使って少しでも肌を良くしたいというのが願いです。
そこで、無添加化粧品やオーガニックコスメを使っているという女性が多いわけですが実際の成分表記を見てみると「無添加」「ナチュラル」と言いながらも肌にあまりよくないとされる成分を配合しているという化粧品も多々あるのが現状です。
結局は、「どういったものが本当に自然派で肌に良いコスメなのか」気になっていることではないでしょうか。今回は、オーガニックコスメと無添加化粧品の定義や違いについてみていきましょう。

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、化学肥料や農薬を一切使わずに育てた、有機栽培で育った植物を使ったコスメであり、体に良い植物から抽出された成分として世界中で取り上げられています。
オーガニック野菜やオーガニックコットンなど多様なオーガニック製品がありますが、オーガニックコスメが人気を呼んだのはごく最近のこと。肌への刺激となる化学成分が少ない場合がほとんどなので、肌がデリケートな方や敏感肌の方、健康志向が高い方に取り入れられています。
有機栽培といえば体に優しいというイメージ。そこで健康意識の高い方は、食生活からケア用品まですべてオーガニックで揃えている方もいるでしょう。最も自然派に近い存在であり、海外ではオーガニック認定があるほど取り入れられているものですが日本にはまだ「オーガニック認定」がないためその定義は製品を製造しているメーカーの手にゆだねられています。

無添加化粧品とは

無添加=肌に優しいと考えて無添加化粧品を選ばれる方が多いでしょう。添加物を含むケミカルコスメを使っていて、肌に合わないと感じたからこそ無添加に変えたという方が多いと思います。では、無添加化粧品は「本当に安心できる素材」しか使用していないのでしょうか。
無添加化粧品は、合成成分が全く入っていない化粧品、ではなく、旧厚生省が指定していたアレルギーが出る危険性のある化粧品成分を配合していない化粧品として使われていることが多いようです。指定されている102種類の成分さえ含んでいなければ良いという場合は、合成成分を全く使っていないわけではありません。
肌に刺激のあるといわれている化学成分でも、指定されている成分ではないため無添加化粧品に配合されていることもあります。「無添加」と謳っていても完全な安心出来る成分を配合した化粧品とも言えない場合もあります。しっかりと成分を見極めることが大切です。

違いや特徴の見分け方

オーガニックコスメ自体、定義はメーカーにゆだねられています。有機原料を使用しているという定義はあっても使用している原料だって違いますし、配合している成分ももちろん違います。無添加化粧品もオーガニック化粧品も、原料こそ違いますがどちらも肌にとって低刺激な製品とはいえるでしょう。
また、無添加化粧品の「無添加」は、防腐剤、着色料、界面活性剤などの石油由来の添加物を含んでいないという意味の場合が多いですが、厳密にいえば消費者が見分けることができるような明確な基準や定義がありません。「配合されているものが違う」だけで、考え方としては同じだからこそその違いを見分けることが難しいのです。
そこで、無添加化粧品とオーガニックコスメ、どちらを選べば良いか迷っている方はそれぞれのメリット、デメリットを理解し選ぶと良いでしょう。特定の添加物に対してアレルギーを持っている方や、肌に刺激のある物質は使いたくないという方は無添加化粧品を。そして天然素材を使って肌本来の力を高めたいという方はオーガニックコスメを選ぶと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事