このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックコスメとは?普通のコスメとの違いはあるの?

オーガニックコスメとは?「オーガニックコスメだから安全」この考え方は間違っています。オーガニックでも肌に合わない方は必ずいますし、100%安全だという保証は全くありません。原料となる植物はオーガニック認証で認められた安全といわれているものを使用している場合が多く、肌が本来持っている自然治癒力を引き出してくれることをコンセプトにしているコスメが多いのも、オーガニックコスメの魅力です。
では、どういった定義で「オーガニックコスメ」と言われているのか。その意味について考えてみましょう。日本ではオーガニックコスメに対する認定がないためメーカーが「オーガニック化粧品だ」といえばそう定義されてしまうわけです。つまり、消費者自身が判断しなければ本当に安全で安心できるものかどうかはわからないということです。

オーガニックコスメとは

一般的にオーガニックコスメとは、無農薬、化学肥料を使わずに育てられた植物を使用し、製品化したコスメをオーガニックコスメと呼んでいます。本当に、有機栽培で作られているのか?それを証明する方法はオーガニックコスメ認定を行っているところに依頼するしかありません。
認定を受けているコスメはたくさんありますが、実際認定を受けていないコスメもたくさんあります。オーガニック認定を受けるためにはコストもかかるので、小さなメーカーでは取っていない場合もあります。日本でのオーガニック認定基準は、「過去2年間に農薬・化学肥料を使用していない土壌で栽培されている」ことや「化学合成農薬・化学肥料は使っていない」「遺伝子組み換え原料を使用していない」などの基準です。こういった認定を受けているオーガニックコスメは本当にオーガニックで作られている安全なコスメだと言えるでしょう。ただ、オーガニックコスメの認定を受けていなくても、成分にこだわってつくっている製品もありますので、認証だけにこだわらず、できれば全成分をチェックして自分の基準で選ぶことがおすすめです。

抗酸化物質を豊富に含んでいるオーガニック原料

オーガニック原料には抗酸化物質をたくさん含んでいることも特徴的です。抗酸化物質は人間の体内では作り出すことができません。化学的に作られたもの、もしくは植物の力を借りて得るしかないのです。
最近やっと、オーガニックコスメの種類が増えましたが昔は抗酸化作用のある化粧水やオイルといった数種類の商品しかありませんでした。最近では、乳液や美容液、クリームやヘアケアオイル、すべてオーガニックコスメで揃えることができるようになっています。

オーガニックコスメの意味

化粧品メーカーによるオーガニックコスメの定義も主に、「肥料や農薬などの化学合成物質を使用せずに栽培された「有機素材」で作られたコスメ」とされています。植物そのものの効能によって、人が生まれながらに持っている自然治癒力を高めて肌をケアするのことをコンセプトとしてオーガニック成分をつかっている場合が多いです。
肌に刺激となるような化学物質を使用しないと決めているブランドなども多く、敏感肌の人でも使いやすい場合が多いのが特徴です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事